SANZOKU MOUNTAIN(サンゾクマウンテン)のshock・zari☆

画像OUTING CAMPのお洒落サイトあちこちで見かけて、GWのお休みムードも相まって購入!(笑)SANZOKU MOUNTAIN(サンゾクマウンテン)のshockセット。 要はランタンハンガーですが、ありそうでなかった鳥かごフック型のシンプルかつ無骨なデザインで、いまや入荷すれば売れる大ヒット商品のようです。 巡り会ったのはALASKA MOUTAIN STOREの店頭にて。 以前名古屋のmmfでも実物を見てたけど、購入はタイミングですねぇ。

早速ランタンを吊るしてみると、な、なんと絵になる! 理屈抜きにカッコいい。 ただの鉄の丸棒を曲げてフックを付けただけ。 言ってしまえばそうですが、発想が出てくるところに違いがあるんでしょうね。 高さは思ったより低めで、構造上調整はできません。 辺りを照らすというよりはサイトのシンボル的な存在になるのかなと感じました。 実際夜にランタンを点けている時にスタンド本体は見えないですし。

それだけに見てるだけで満足で、これを肴に酒が飲めそうです(笑)

そして今回一緒に購入したのがzariです。 炭バサミ? 薪バサミ?? そうです。ハサミです(笑) ホームセンターで買えば100円程度で買える代物に6,400円。 アホです(笑) shockセットは・・・もはや怖くて言えません(笑) もう救いようのないアホ三昧!(笑) でもいいんです。 何故なら満足できるから。

画像

shockは実際に地面に打ち込んでみると、思いのほか使いやすい。 スノピのパイルドライバーは自身でカンカン打ち込めて道具いらずですが、フック部分が跳ね返って当たったり蝶ネジが引っかかったり手を痛めることがあって意外に使いづらい。 対してshockはハンマーがいるものの叩くと安定して刺さってくれるので、どこか安心感があります。

しかし職業柄、アイアン製品は材料費が安いので、どんな加工方法で付加価値をつけてるんだろうと興味が湧きます。 お洒落のツボにハマれば高価なキャンプ道具だって売れる。 何度目かのキャンプブームが来てるそうですが、今回ほどお洒落度が高いブームは初めてじゃないでしょうか。 これからもまだまだ、楽しみです。


ー SANZOKU MOUNTAIN(サンゾクマウンテン) ー
http://www.sanzokumountain.com/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック